四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄

投稿者: | 2021年6月8日

アダストリア(2685)

「グローバルワーク」などを展開するカジュアル衣料大手のアダストリア(2685)の株価が6月3日に一目均衡表(日足)の上下2本の先行スパンで囲まれた「雲」の上限を上回り、翌4日も前日比28円高と続伸してきた。

東京応化工業(4186)

半導体フォトレジストで世界首位級の東京応化工業(4186)の株価が6月4日に前日比190円高と続伸して7000円台に乗せてきた。終値で25日移動平均線を上回っており、株価と移動平均線の位置関係が上から「株価>25日線>5日線」の位置にある中、2本の移動平均線の乖離幅も57円程度にまで縮小している。

リバーエレテック(6666)

電子機器の制御に用いる水晶振動子が主力のリバーエレテック(6666)の株価が6月4日に87万株の出来高を伴って前日比78円高と続伸。5月24日につけた直近の高値を上回ってきた。一目均衡表(日足)においても上下2つの先行スパンで囲まれた「雲」の上限を突破してきたことから、当面は強含みの展開が想定される。