四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(7月12日発表)

投稿者: | 2022年7月12日

クリングルファーマ(4884)

細胞の増殖・保護・修復などの機能があるHGFタンパク質を用いて難治性疾患治療薬を開発しているクリングルファーマ(4884)が続騰。午後1時58分現在、前日比116円(16.3%)高の826円で推移している。一時は860円ストップ高まで上伸した。

リソー教育(4714)

首都圏を地盤に個別指導受験塾「TOMAS」を展開しているリソー教育(4714)が4営業日ぶりに急反落。一時は291円まで下落し、7月7日の年初来安値311円を更新した。午後1時36分現在、前日比28円(8.7%)安の296円で推移している。

日本インシュレーション(5368)

高層ビルやプラント、発電所向けに耐火建材や保温材の製造・販売、設計・施工を手がける日本インシュレーション(5368)が続伸。午後1時現在、前日比24円(2.7%)高の903円売り気配で推移している。一時は910円まで上伸した。