四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(7月7日発表)

投稿者: | 2022年7月7日

KLab(3656)

スマホゲームの開発・運営を行っているKLab(3656)が急落した。5営業日続落。午後2時11分現在、前日比58円(11.1%)安の464円と東証プライム市場の値下がり率2位で推移している。一時は459円まで下落した。

ブイキューブ(3681)

Web会議などコミュニケーションサービスの提供を行っているブイキューブ(3681)が大幅反発した。午後0時50分現在、前日比79円(6.8%)高の1235円で推移している。一時は1360円まで上伸した。

ヘッドウォータース(4011)

AI(人工知能)を活用したソリューションを提供しているヘッドウォータース(4011)が急反発した。朝方から値付かずの展開となっており、午後0時30分現在、制限値幅上限の前日比700円(21.9%)高の3900円ストップ高買い気配で推移している。