四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(7月13日発表)

投稿者: | 2022年7月13日

マイクロ波化学(9227)

マイクロ波化学プロセスの研究開発・エンジニアリングを行っているマイクロ波化学(9227)が急反発した。午後1時52分時点、制限値幅上限の前日比150円(20.8%)高の870円ストップ高買い気配で推移している。

E・Jホールディングス(2153)

官公庁工事が主力の建設コンサルタント会社であるE・Jホールディングス(2153)が上げ幅拡大。3月30日につけた年初来高値を更新し、午後1時41分時点では前日比103円(8.7%)高の1289円で取引されている。

三光合成(7888)

自動車向け主体の工業用樹脂部品大手の三光合成(7888)が急反発した。午後1時16分時点、前日比23円(7.0%)高の350円で推移している。一時は354円まで上伸。12日に前2022年5月期決算と今2023年5月期業績予想を発表した。